アンバー

別名、琥珀(こはく)。石言葉は抱擁、知的、太古の夢です。この石は松の木の樹脂などがおよそ3000万年前に化石となったもので、そういう意味では石というわけではありませんが、とても神秘的なパワーストーンであり、ヒーリングストーンとしても知られています。

冒頭でご紹介したように、アンバーは日本では古くから琥珀と呼ばれ親しまれてきました。仏教の七宝の1つでもあります。

この石には体の免疫力や生命力を高めてくれる効果があるとされています。体がどこか不調だな・・・というときや疲労がたまっているようなとき、風邪と引きそうなときなどには身に付けたり、部屋においておくと効果的ではないでしょうか。

また、この石を健康や長寿、安産などのお守りとして使うこともありますし、金運をアップさせるために身に付ける方もいます。

さらに、疲労回復だけでなく、冷え性の改善などにも効果的だといわれていますから、日頃から冷え性で悩んでいる方にはおすすめです。

アンバーは黄色がよく知られていますが、その黄金色にも似た琥珀色は富の象徴として知られてきました。その辺が金運アップによいとされてきた理由かも知れませんね。

この石には子宝に恵まれないという方にも効果があるとされていますので、不妊で悩んでいる方にも最適といえるでしょう。

この石の詳細

名前 アンバー 読み あんばー
別名 琥珀(こはく) 英名 Amber
硬度 2〜2.5 産地 ミャンマー、日本、イギリス、ドミニカ、中国、メキシコほか
カラー 黄色、赤、紫、緑など 取り扱い 熱や汗に弱い。衝撃に注意。
浄化方法 月光浴、お香、セージ、水晶クラスター